ご覧のページは、これまでのコンソーシアムのホームページを活用し、コンソーシアムの活動記録や資料等をアーカイブ化したものになります。

レポート
『ふるさとの祭り2014』に参加しました。

イベントレポート
事務局ブログ

 10月4日、5日の2日間に渡り、福島市で開催された『ふくしまから はじめよう。「地域のたから」伝統芸能承継事業 ふるさとの祭り2014』に参加してきました。


 『ふるさとの祭り』は、東日本大震災の影響で危機的な状況にある民俗芸能の存続を後押しすることを目的として開催されるイベントです。
 震災・東京電力福島第一原発事故後に担い手が各地に避難し継承が困難になっている浜通り、および福島県内各地の民俗芸能保存団体21団体が出演し、田植踊など古くから続く民俗芸能のステージ公演のほか、伝統芸能の体験コーナー、伝統工芸の創作コーナー、ご当地グルメコーナーなどを同時に開催するなど集客にも工夫をこらし、お祭り広場を創出していました。


 披露された芸能をいくつかピックアップしながら、当日の様子をご紹介します。


 初日の10月4日、最初に披露された民俗芸能は福島市の『金沢黒沼神社の十二神楽』です。 県指定重要無形民俗文化財として伝承されて4月3日・4日の(現在第一土、日曜)黒沼神社の祭礼に奉納しています。
 「剣の舞」というお祓いの舞の後に、三人がお互いの刀の先端を持って一体となって回転しながら舞う「三人剣」という舞が披露されました。ドキドキ感のある舞で、昔は本物の刀を使用していたので、三人揃わないと怪我が多かったとのこと。


 次に拝見したのは、双葉町の『山田のじゃんがら念仏踊り』です。じゃんがら踊りはいわき地域に多い芸能ですが、大熊町、双葉町、茨城でも新盆の供養として仏前で踊られるようです。双葉町のじゃんがらは謡が無いのが特徴です。
 踊は「十三仏」と「念仏踊り」があるものの、会員が県内外に避難したことから震災の年は中止、翌年仮設住宅で披露し、その後「ふるさとの祭り」2012、2013にも出演しました。
 踊りを守っている「山田芸能保存会」は、震災によって会員が郡山や山形に避難しており、稽古が大変な状況にあります。それでも、小学2、3年生が参加しており、若い後継者がいることに頼もしさを感じさせられる踊りでした。


 南相馬市の『北萱浜天狗舞』は、江戸時代に飢饉があり、石川や越後から入植した人達が悪霊を祓うために天狗舞を舞ったことから始まったものです。一般的には獅子は“神様”なのですが、ここでは、悪霊となり天狗が祓う舞となっています。
 震災では、天狗面や衣装までも流され、保存会の会長さんもお亡くなりになったそうです。現在、保存会の会員はバラバラに生活していますが、天狗舞を踊ることで、地域の人々の心が一つになっています。保存会の皆さんにお話を伺うと、「福島県内でも珍しい天狗舞なので、支えとして地域の復活につなげたい」とおっしゃっていました。


 いわき市の『上平子供じゃんがら』は、約350年前に沢村勘兵衛の一周忌供養から念仏興業として始まったもので、子供も保護者も熱心に稽古をして、お盆の供養も行っています。
少子化が進んでおり、地区子供会が160人から32人に減少して子供の確保が課題になっていて、毎年学校の運動会でも披露し、継承活動に力を入れているのだとか。子供ながら、洗練されていてとても上手でした。


 双葉町の『新山の神楽』は150年以上の歴史がある神楽で、黒獅子は彫が深く、型も古い、複数の舞子が入って舞い勇壮で軽快なのが特徴です。四隅の邪気を払う舞で、1年の家内安全、無病息災を願い、厄を払っています。
 震災により保存会のメンバーが各地に避難し、存続が危ぶまれましたが復活し、いわき市のイベントに参加、今回が2回目お披露目となったそうです。「こうして大勢の方から観ていただいて嬉しい」とおっしゃっていました。


 浪江町の『室原の田植踊』は、農民が豊作を喜び合い、五穀豊穣・家内安全、繁昌を願って踊られ、鬼(悪霊)を祓う「種まき踊」、男が早乙女となって踊る「田植踊」、収穫の石高を量る踊り「石高はかり」と種まきから収穫まで三つの構成で出来ています。
 浪江町は放射線量が高く、ほぼ全域が警戒区域で全町民が県内外に避難しています。芸能の諸道具や衣装は汚染されてしまいましたが、文化庁と県からの補助金で諸道具や衣装を整え再興し、「ふるさと祭り2012」で復活を遂げました。
 保存会の皆さんにお話を伺うと「田植踊を無くしたら地域が無くなってしまう。町へ帰れないので、集まって練習することは大変であるが、地域の皆さんの力になればと伝統を守っている。」とおっしゃっていました。


 南相馬市の『村上の田植踊』は、北時代に義良親王が当地に逗留した折に始まったと言われる田植踊です。
 一時中断を繰り返し、昭和22年に再興し、婦人が中心に踊っています。田植え踊の保存会員39人のうち、会長、副会長を含む12人が津波で亡くなるという大変な状況の中、先人の意を継いで翌年復活させ、「ふるさとの祭り2013」や国立劇場の民俗芸能公演「東北の芸能Ⅲ」への出演を果たしました。芸能化された田植踊は、洗練されたとても美しい踊でした。