ご覧のページは、これまでのコンソーシアムのホームページを活用し、コンソーシアムの活動記録や資料等をアーカイブ化したものになります。

レポート
東日本大震災復興支援プロジェクト  「歌の絆 より強く!in大船渡」~栗友会と辻ファミリーがやってくる~

イベントレポート
「歌の絆 より強く!in大船渡」実行委員会事務局長 千葉 賀子

1 大震災の文化的被害


 あの3月11日、私は陸前高田市立気仙中学校の体育館で、卒業式の歌の指導を行っていた。突然、大きな地震。生徒と共に高台に逃れた。津波にのまれていく高田の街…。海から50mの学校は3階まで襲われ何も残っていない。この震災で、大船渡市、陸前高田市は大きな被害を受け、高校以来の友人である合唱指導者Rさんをはじめ他の合唱団の団員も流され、当地区の音楽活動にも大きな打撃を与えた。



 


2 イベント開催に向けて


 昨年の6月、辻家が主催する「歌おう!共に!in岩手!」に参加し、楽しく充実した一日を過ごし、このイベントを、ぜひ大船渡市でやりたいと強く思うようになった。岩手県合唱連盟のお世話で、辻家のなかにしあかね先生を紹介され、翌年の11月1・2日に大船渡市で実施することが固まった。会場予約をするために出向いたところ、偶然にもコール・MIZ(合唱団)の高橋美都先生が栗山文昭先生と栗友会の演奏会を同じ日に予約をしようと来ていたので驚き、あかね先生に相談した結果、辻家と栗友会と一緒に大船渡市民会館(リアスホール)で11月1・2日の2日間合唱講習会と演奏会を実施することとなった。


 


3 私たちの取り組み


 大船渡さんご合唱団とコール・MIZの二つの合唱団で実行委員会を立ち上げ、栗友会と辻家と連絡を取りながら準備を進めた。それぞれの合唱団から、総務・広報・会場・ボランティア・おもてなしの係の係長や係員を決め、心からのおもてなしができるよう努力を傾けた。開催趣旨は被災地の合唱文化の復興と発展をねらいとした。


 合唱講習会のチラシを作り、県内外の合唱団に呼びかけたところ、県内外から38団体延べ600名を超える参加をいただき、演奏会入場者も500名を超える盛会ぶりであった。



 


4 イベントのスケジュールと合唱講習会について




 


5 各コースの講習会の様子や発表について


【ア・カペラコース】
 辻裕久先生の緻密な指導のもと、時間を追うごとに見事に上達していく美しい響き。男声の柔らかく響く声に繊細な女声の声がのり、「あなたは風」の演奏は圧巻でした。


【女声合唱コース】
 栗山文昭先生の皆さんを包み込む熱のこもった合唱づくり。曲にまつわるお話を紹介しながら豊かな表情に変えてゆく指導力。聴く人の心を動かす演奏でした。