ご覧のページは、これまでのコンソーシアムのホームページを活用し、コンソーシアムの活動記録や資料等をアーカイブ化したものになります。

レポート
三陸国際芸術祭 「三陸・韓国・インドネシア、郷土芸能の競演」に行ってきました。

イベントレポート
事務局ブログ

 8月16日(土)から24日(日)にかけて、三陸の沿岸部各所を会場に開催された『三陸国際芸術祭2014』に行ってきました。


 三陸国際芸術祭は、郷土芸能の宝庫である東北沿岸部・三陸地域の魅力を、日本全国そして世界に発信し、芸術文化による国際交流の柱として、郷土芸能を位置づけ、三陸地域沿岸部(東日本大震災/津波の甚大な被害があった地域)の野外で開催し、国内外の人々が震災を考え続けるきっかけになることを目的とした芸術祭です。 海外、特に東アジアを中心に芸能を招聘し、東北地方の芸能と海外の芸能が交流し、また互いに刺激し合う場とすると同時に、東北の郷土芸能の団体同士、および地域間の交流が生まれる場を創出する他、主催のNPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)がこれまで行ってきたプロジェクト『習いに行くぜ!東北へ!!』をフェスティバルの開催と並行して行い、全国および海外から東北の芸能や文化を体験する機会を設け、後継者や新たな観光、雇用が生まれることを目指し、将来、郷土芸能の魅力に多くの人が触れ、そこから新しい芸術や文化が生まれることを目指しています。


 私が訪れた8月23日は、大船渡の碁石海岸キャンプ場を会場に、三陸・韓国・インドネシアといった各地の郷土芸能の競演やコンテンポラリーダンスなど、次々とプログラムが開催されました。 最初に拝見したのは、「時の輪」-Passing through our body というコミュニティダンスのパフォーマンスです。
 コミュニティダンスは、子どもから高齢者まで、ダンス経験の有無・性別・障がいに関わらず、「誰でもがダンスを創り、踊ることができる」という考えのもと、アーテストが関わり、地域の方々と共に創るダンスで、参加者一人ひとりから出てきた動きをダンスにするもの。この作品は、昨年秋にダンスアーテスト(マニシア)が大船渡に1ゕ月滞在し、この地方の方々や文化、郷土芸能に触れ、三陸の皆さんとワークショップ重ねて生まれたダンスです。 住民目線となってダンス制作して、共に踊り、自然の中でダンスを通して人と人の繋がりがうまく表現されていました。ダンスを社会包摂プログラムとして取り組んだ、コミュニティダンスのコンセプトがしっかりと伝わってきます。 次に訪れた「碁石海岸虎舞競演会」は三陸沿岸部北から南に個性豊かに分布する郷土芸能「虎舞」が一堂に会するイベントです。陽気な調べの横笛、パワフルで小気味よい太鼓とかけ声とあわせ、勇壮に舞い踊る「虎舞」。その姿はまさに東北沿岸部に生きる人々を表すかのようです。碁石の荒々しい自然を背景に繰り広げられる一大スペクタクルです。